おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

マンゴーの種類・品種一覧とその特徴。産地や旬を学んで味わおう

f:id:bollet:20180428192927j:plain


トロピカルフルーツのなかでも濃厚で芳醇な味わいにファンが多いマンゴー。しかしマンゴーとひとくちにいっても産地や品種、旬はさまざま。世界には500種類ほどのマンゴーが存在しているともいわれています。


ここでは日本でも見かける代表的な食用マンゴーの品種とその産地や旬についてまとめています。参考にして、マンゴーの奥深い世界をぜひ堪能してみてください。

マンゴーの産地について

圧倒的な生産国はじつはインド?

f:id:bollet:20180428173052j:plain*1


マンゴーは東南アジアやメキシコ、ブラジル、オーストラリアなどを中心に温かい地域で栽培されているいわゆる南国フルーツです。


生産している国は想像以上に多く、世界的にみると比較的メジャーなフルーツといえそうです。生産量で見ると最も生産しているのはインドで、次いで中国タイと続きます。

日本国内のマンゴーの産地

f:id:bollet:20180428184901j:plain*2

続いて日本国内の場所別生産量についてみましょう。最も生産量が多いのは沖縄県で、全体の半分以上を占めています。次いで宮崎県鹿児島県と続き、それ以外にも九州・四国各県や静岡、東京都小笠原村などでも生産されています。


意外なのは北海道でも浦臼町、弟子屈町において栽培されているということ。ハウス内温度を季節と逆転させることで真冬の北海道で完熟マンゴーを作り出しているというから驚きですね。

日本国内へ輸入されるマンゴーの産地

f:id:bollet:20180428172041j:plain*3


国内に流通しているマンゴーは宮崎や沖縄を中心に作られている国産マンゴー、メキシコ産マンゴー、タイ産マンゴーが大半を占めています


他にもフィリピン、台湾、ブラジル、オーストラリアと全部で11カ国のマンゴーが日本に輸入されています。生産量が多いインドマンゴーは日本では2006年より輸入が解禁されていますが、全体の輸入量からするとあまり目にする機会はないかもしれませんね。

マンゴーの種類・品種の一覧

アップルマンゴー

マンゴーと聞いてまず最初に思い浮かぶものはこのアップルマンゴーと呼ばれるタイプでしょう。熟すと表皮が赤色に染まることが特徴で、甘み、香りが非常に強く濃厚で、適度な酸味がバランスを整えます。


アップルマンゴーにはアーウィン種、ケント種、ヘイデン種、トミーアトキンス種など、細かい品種が存在します。


アーウィン種は宮崎などで作られている国産マンゴーの品種で、アップルマンゴーのなかでも特に濃厚ですが値段も非常に高い傾向にあり、なかなか口にする機会は少ない品種です。


ケント種やヘイデン種は主にメキシコやオーストラリアからの輸入品。アーウィンと比べると小玉のものが多く、果皮全体が赤く染まるアーウィン種に対して、一面だけが真赤になってあとは黄色味がかった色合いをしています。


味の方向性はどの品種も濃厚芳醇系ですが、やはりアーウィンが頭一つ抜けているという印象です。


ペリカンマンゴー

「カラバオ種」と呼ばれるマンゴーで、日本ではフィリピン産が年中出回っています。ペリカンのくちばしに似ていることからペリカンマンゴーと呼ばれ、比較的安価に手に入ることから試しに購入したことのある人も多いかもしれません。


薄い黄色の果皮であっさりとした甘みと酸味を持ち合わせています。


タイマンゴー

「マハチャノ種」「ナンドクマイ種」の2種類が存在するタイのマンゴー。見た目はペリカンマンゴーに似ていて、少し大きめの果実が特徴です。味わいも少し濃厚で食べごたえがあります。


ペリカンマンゴー同様に一年中出回っており、安価に手に入るため試しやすいマンゴーです。


キーツマンゴー

キーツ種(またはケイト種)と呼ばれる緑色の果皮を持つマンゴーで、国内では沖縄、国外ではカリフォルニアで主に生産されています。完熟しても緑色のままなので食べごろの判断がつきづらく通向けのマンゴーですが、アーウィン種以上に大玉で食べごたえがあります。


味わいはアーウィン種などと比べるとあっさりめですが、香りが豊かで楽しめます。収穫時期が9月頃と他とズレているのも特徴です。


ピーチマンゴー

オーストラリアで生産されている「ケンジントンプライド種」というマンゴーで、ほんのりピンク色に染まる果皮が特徴的です。クセが少なくサッパリした食べ心地です。

インドマンゴー

日本での流通量はかなり少なめですが、インドもじつはマンゴーの産地です。


「アルフォンソ種」、「ケサー種」、「チョウサ種」、「バンガンパリ種」、「マリカ種」、「ラングラ種」の6種があり、特にアルフォンソは全マンゴー品種のなかで最も優れているという人もいるほど芳醇な味わいです。見かけたらぜひチャレンジしてみましょう。

台湾マンゴー

台湾もマンゴーの生産が盛んで、日本でも有名なのは愛文マンゴーという名前で出回るアーウィン種のものです。これ以外にもタイマンゴーに似ている「金煌(きんこう)」、甘みの強い「金蜜(きんみつ)」、愛文と金煌を掛け合わせた「玉文(ぎょくぶん)」など、多様なマンゴーが生産されています。


品種とは異なる太陽のタマゴ、白銀の太陽…ブランド化されるマンゴー

フルーツといえば、まったく同じ品種でも差別化のためにブランドネームがつけられることもしばしば。代表的なものだと熊本のデコぽんや静岡のアメーラトマトがありますね。


マンゴーのブランドネームといえば、宮崎県が栽培する"太陽のタマゴ"*4が挙げられます。元宮崎県知事の東国原さんが知事時代にプロモーションをして成功したことで値段は跳ね上がり、今ではなかなか庶民には手の出ない高級フルーツの代名詞になりました。


これに対抗して、北海道では生産されたマンゴーのうち高品質のものは"白銀の太陽"という名でブランド販売され話題に。極寒の地、しかも真冬に生産されるということで注目度の高まっている北海道マンゴーは一玉5万の値が付いたこともあります。


激化するフルーツのブランド合戦においても、マンゴーの持つブランド力はなかなか強力なものといえるでしょう。


なお、この手の高級フルーツを買うなら旬の時期に築地市場の公式通販などを利用したいところ。値段の分だけ確かなクオリティとサービスで手配してくれますので、贈答用にも安心です。

産地別のマンゴーの旬

海外産マンゴーの旬

マンゴーというと夏のフルーツのイメージですが、品種や産地を選ばなければ基本的には年中手に入れることが可能です。特にフィリピン産やタイ産は通年流通しているため旬の概念が希薄ですね。


輸入量が多いメキシコにおいても真冬以外は基本的に輸入されていますが、最も流通量が多く旬といえる時期は5~7月ころ。日本同様のアーウィン種の栽培が盛んな台湾マンゴーは6~7月の短い時期のみ流通しています。

国産マンゴーの旬

国産マンゴーは宮崎や鹿児島といった九州地方のものが3月前後から夏の終わりくらいまで、沖縄産のものが7月前後から秋口まで流通しています。量は少ないですが千葉や静岡産のものが8月前後の短い期間に出回ることも。


さらに注目したいのが北海道産。真冬に収穫する完熟マンゴーとして注目される道産マンゴーは、他の場所では作れない11~12月に完熟のアップルマンゴーを流通させています。

まとめ

マンゴーの産地、品種、旬についてまとめてきました。ふだんさまざまな形で口にする機会の多いマンゴーですが、産地や品種にこだわって見ていくとより楽しみの幅が広がりそうです。


ぜひいろいろなマンゴーに挑戦してみてほしいですね。


なおマンゴーのような高価なフルーツは実店舗よりも通販でお取り寄せしたほうがお得です。フルーツのお得な通販情報についてまとめた記事をチェックして絶品フルーツをお取り寄せしてみましょう。


フルーツのお取り寄せをおすすめする理由はコチラ



マンゴーと同じ時期が旬のフルーツについて見る
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com

*1:一般社団法人日本青果物輸出入安全推進協会 統計資料「生産状況」より

*2:e-Stat 「平成27年産特産果樹生産動態等調査」より

*3:一般社団法人日本青果物輸出入安全推進協会 統計資料「 輸入総括、品目別国別(果実・野菜)」より

*4:アップルマンゴーのアーウィン種で、樹上で完熟され、サイズが2L、糖度15度、品位が青秀以上のもののみが名乗ることができる名称。