おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

【アウトドアにも】おしゃれターボライターならBEEP3がオススメ

ライターというと基本的に喫煙者のアイテムという印象ですが、ターボライターなら小型バーナーのような使い方もできるためアウトドア用から家庭の着火器具まで、ひとつ持っていて損はない道具ではないでしょうか?


今回は筆者も愛用しているクールで汎用性の高いターボライター・BEEP3のご紹介をしてまいります。デザイン性、機能性ともに非常に優れていて、モノにうるさい愛煙家やアウトドアフリーカーからも好評のアイテムですので、ぜひチェックしてみましょう。

WINDMILL社製ガスターボライターBEEP3

今回ご紹介しますターボライターはWINDMILLというクールなデザインの喫煙具を多数展開しているメーカーから発売されているBEEPというライターシリーズのなかのひとつ、BEEP3です。


f:id:bollet:20180220153516j:plain


ご覧のとおり非常にメタリックで非常にクールなデザイン。ガスの残量もひとめで判別可能。ガスの残量がみえるタイプのターボライターはデザイン的にイマイチなものも多いなか、BEEP3は非常にスタイリッシュなデザインをしているため、ライターにこだわりのある喫煙者でもターボライターならBEEP3と決めている人も多い商品です。


f:id:bollet:20180220153623j:plain


蓋を開けてトリガーを押し込めば着火できるようになっています。


f:id:bollet:20180220153636j:plain


お尻の方にツマミがついていて、ここで火力の調整が可能です。


f:id:bollet:20180220153647j:plainf:id:bollet:20180220153645j:plain


最少火力と最大火力の比較図はこんな感じ。最大火力であればミニバーナーくらいの火力はあります。


サイズ感もコンパクトで収納や使い勝手もいいのですが、実物を手にしてみると意外とズッシリしていて手に馴染む感じもGOOD。デザイン性、機能性両面において非常にバランスのとれたターボライターとして、とてもオススメできる商品です。


BEEP3はアウトドアからシガーの着火まで幅広い用途に使えるターボライター

BEEP3はターボライターです。ターボライターとは内燃式ライターとも呼ばれ、着火性の高いガスを内部の燃焼筒で着火させ放出します。一般的なライターは外部の酸素を供給して着火しているため外部環境に使用性が左右されますが、ターボライターは内部で着火するため外部環境に基本的に左右されません。つまりアウトドアの強風時のような空気が安定しない場所でもしっかりと着火することが可能。


加えてBEEP3はバーナーフレームという直進型の強力な青い炎を放出するように出来ているため、より安定した着火が可能になります。


このような点からBEEP3はアウトドアでちょっとした火が必要な時や、料理でちょっと表面を炙りたい時、普通のタバコからシガーのような着火に時間のかかるタバコを喫う時など、炎を利用するさまざまな場面で必要充分な火力を供給することが可能だと言えるのです。


なお、あまり長時間にわたって火を出し続けると本体が熱くなったりバーナーフレームがイカれることがあるので、特に料理などで加熱に用いる場合は、表面をさらっと炙る程度に留めておきましょう。

BEEP3はアフターケアも充実

BEEP3をはじめとした WINDMILL社の製品はアフターケアにも優れていると評判です。


いくら良質なターボライターといえど着火装置なので、ちょっとした不注意や使い過ぎによって破損や不調が起こることがあります。そんな時は修理依頼をしてみましょう。


そのさいに、ちゃんとガスは充填されているか、バーナーフレームにホコリなどが詰まって目詰まりを起こしていないかなど、自分で処置できそうな部分はチェックし、それでも着火できない部分は保証書とセットで商品を密封し、下記の住所の通りにウィンドミル社へ送ってみましょう。



商品の状態や型番にもよるのでしょうが、保証書がなくても無償修理をしてもらえたという話もあるので、もし使えなくなったBEEP3がある方はダメ元で修理依頼をしてみるといいかもしれませんね。



・送付先
〒110‐8619
東京都台東区東上野1‐7‐2
ウインドミル株式会社
アフターサービスセンター

AFTER SERVICE

WINDMILL社のBEEPシリーズ

BEEPはウィンドミル製のライターのシリーズ名です。今回ご紹介したBEEP3以外にも下記のような商品を展開していますので、参考までにどうぞ。


クリアボディタイプのBEEP。機能性としては3と大差ないので見た目の好みで使い分けたい。


WINDMILL(ウインドミル) ターボライター BEEP7 内燃式 ブルー BE7-0001

WINDMILL(ウインドミル) ターボライター BEEP7 内燃式 ブルー BE7-0001

プラスチックの外部パーツにライターが収まっているデザインのBEEP。特徴はカラフルでポップな見た目。カラー展開も豊富なのでデザイン性重視の方にオススメ。


コンパスを内蔵したユニークなターボライター。よりアウトドア特化を狙った商品で、耐久性も高く、アウドア専用であれば検討してみたい商品です。


WINDMILL(ウインドミル) ターボライター BEEP9 内燃式 防水仕様 イエロー BE9-0004

WINDMILL(ウインドミル) ターボライター BEEP9 内燃式 防水仕様 イエロー BE9-0004

防水加工を施したBEEP9。特に釣りをする人に照準をあわせたターボライターで、火口のスリットにナイロンの糸をセットして着火すると焼き切れるようになっています。


なお、BEEPシリーズはガスボンベで充填するタイプのライターです。特にバーナーフレームタイプは燃費が悪く、ガスの補充は比較的こまめに必要なので、購入の際には補充用のガスボンベを忘れずに。


ライター対応であることを確認してから使用しましょう。もっとも安心なのはウィンドミルから発売されているものでしょうね。

まとめ

ターボライター・BEEP3は一家に一台あって損はないアイテムです。特に男性の心をくすぐるスタイリッシュさはプレゼントなどにもオススメできるかもしれません。カラー展開も豊富なので、ぜひお気に入りを探してみましょう。