おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

【一度は試したい】ジントニックにおすすめジンを味のデータとまとめる

バーでの一杯目はジントニック、自宅でも機会があればジントニック・・・さまざまなジントニックを飲んでいく中で、作り方や技術も大切だが、やはりポイントとなるのは使うジンだということを感じています。


特にご自宅で気軽にジントニックを楽しみたいなら、作り方にこだわりをもつのはもちろんですが、ベースとなるジンにこだわるのが最も簡単。


そこで今回は筆者が今までお店や自宅でジントニックで試したことのあるジンとジントニックとの相性をまとめてみました。好みもあるのでランキング化はしづらいですが、味の方向性から好みのジンを探ってみてください。


bollet.hatenablog.com

ジントニックを自分で作るなら上記の記事も参考に。これを踏まえてお気に入りのジンでジントニックを作ればご自宅で簡単にお店レベルの味わいを楽しめます。




1.王道中の王道「ゴードン」ジントニック

f:id:bollet:20180123172318j:plain

ジン好きなら存在を知らぬ者はいないブランド「ゴードン」はジントニックを語る上でも切り離せない存在。


そもそもジントニックを生み出したのはゴードンブランドであると言われています。ジントニックをG&Tなどと表記することがありますが、この"G"はゴードンのGを示唆するものでもあり「ジントニックはゴードンで作るのが正統」というスノッブが生まれるほど。


オールドスタイルでドッシリとした味わいが特徴。厳選したハーブと、特にジンの特徴を示すジュニパーベリー(西洋杜松の実)の香りが支配的で、昔ながらの古き良き味わいを体現しています。


近年、ゴードンジンは徐々にライトな味わいに変遷しつつあり、実際にゴードンを愛用していたプロの方もその変化に気付いている方も少なくありませんが、それでもゴードンの持つ伝統的な味わいを求めている方も多く、家飲み用にも手軽に手に入るのは魅力のひとつでしょう。

ゴードン ロンドン ドライジン 43度 びん 750ml

ゴードン ロンドン ドライジン 43度 びん 750ml

2.キレを生み出す「タンカレー」のジントニック

f:id:bollet:20180123173125j:plain

タンカレーもゴードンに並んでジンフリークに昔から愛されているオールドスタイルジンです。消化器を模したと言われているボトルデザインも特徴的、緑色のカラーがおしゃれでボトルだけみてもオシャレなジンです。


蒸留回数を増やすことで雑の少ないキレのあるクリアな味わいを生み出していて、甘さのないスッキリとしたジントニックにはタンカレーが一番という人も少なくありません。


スタイリッシュで洗練された味わいは伝統的なジンでありながら都会的で、キレのある味わいを求める人にオススメです。

タンカレー ロンドン ドライジン 47.3度 750ml

タンカレー ロンドン ドライジン 47.3度 750ml

3.重厚さも兼ね備えた「タンカレーNo.10」のジントニック

f:id:bollet:20180123184157j:plain

先述したタンカレーのプレミアム商品であるタンカレーナンバーテン。タンカレー蒸留所に伝わる"タイニーテン"という蒸留器によって生まれた原酒をベースに構成されたジンは通常のタンカレーよりも重厚感があり、飲みごたえがあります。かといって荒々しい感じではなく、甘さも感じられる良質なお酒であることが分かります。


ジントニックにするにはくどいと感じる方もいるかもしれませんが、その優れたポテンシャルはジントニックとも十分に馴染む可能性を秘めています。冷凍してキンキンになったものをそのまま飲んでも美味しいので、ご自宅に一本あっても損は無いでしょう。


4.柑橘の香りがアクセント「タンカレーラングプール」のジントニック

f:id:bollet:20180123184722j:plain

ラングプールとは柑橘の名前でライムのような果物。このラングプールにベイリーフ、ジンジャーといった通常のタンカレーのレシピにはない植物のエッセンスを加えて生み出されるタンカレーラングプールは爽やかで、ライムを絞らなくてもライムの香りを楽しめるジン。


爽やかでフレッシュな香りはジントニックとの相性も抜群。技術要らずでジントニックに複雑な香りを加えることのできる裏技的アイテムとも言えるでしょう。

[rakuten:liquorsbest:10016190:detail]

5. 華やかで繊細「ボンベイファイア」のジントニック

f:id:bollet:20180123185154j:plain

ジン好きの中にはボンベイファイアを神格化している方もいるほど熱狂的なファンを持つボンベイサフィア。スタイリッシュで華やかなボトルデザインから連想されるように軽やかで華やかな印象のジンです。


ジントニックに使用する事での華やかを表現できるジンで、バランスのとり方次第で爽やかにも甘めにも作れる繊細なボディはぜひ一度ジントニックにして味わってみたい魅力を秘めています。

ボンベイ・サファイア 750ml

ボンベイ・サファイア 750ml

6. 複雑な味わいが絶品「No.3 ロンドンドライジン」のジントニック

f:id:bollet:20180123185631j:plain

王室の御用達指定を受けるワイン商ベリー・ブラザース・アンド・ラッド社が作り出したプレミアムジン。非常に濃厚で、前面にはジュニパーベリーの香るオールドスタイルのジンですが、その奥から複雑なハーブの香りが湧きあがってくるスパイシーなジン。


スパイシーで濃密な味わいがお好みの方にはたまらない、ジントニックを劇的に変化させてくれるジンです。

No.3 ロンドンドライ・ジン 46度 700ML

No.3 ロンドンドライ・ジン 46度 700ML

7.特別な味を演出したい方に「モンキー47」のジントニック

f:id:bollet:20180123190644j:plain

47種類のボタニカルを使用した華やかでフルーティー、甘く繊細な香りが特徴のジン。生産国はドイツ、従来のジュニパーベリーを押し出したジンとは一線を画す、まるで香水のような香りを持つモンキー47はジンの新時代を切り開いたとも言われています。


ジントニックに使用すると華やかな香りが炭酸によって押し上げられ、従来のジントニックとは異なる新しいジントニックを生み出します。ジン好きなら一度は試してみたい注目のジンです。

モンキー 47 ジン

モンキー 47 ジン

8.重厚な味わいが特徴「ヴィクトリアンバット」のジントニック

f:id:bollet:20180123191153j:plain

ダブルジュニパーという製法で作られたイギリスのジン。ダブルジュニパーとはジンの香りのもとであるジュニパーベリーを従来の二倍使用して作っているという意味で、味わいは鮮烈。ビターでドライな飲み口で、キレのあるパンチの効いたジントニックにオススメ。

9.ユニークな味わい「キュロ ナプエ」のジントニック

f:id:bollet:20180123192421j:plain

キュロナプエはフィンランドのジン。ライ麦をベースに鮮烈なスパイスと薬草をアクセントに使うことで、爽やかでスパイシーな香りが漂うジンが完成。良い意味で青臭く、ナチュラルな味わいを思わせる味わいで、クラフト感溢れるジントニックをつくることが可能に。


あまり例を見ないフィンランド産であるという点もマニア心をくすぐります。

10.大手の手掛ける意欲作「ビーフィーター24」

f:id:bollet:20180123193202j:plain

ジンを代表するブランドのひとつ、ビーフィーター。プレミアムジンとして生み出したのは日本の煎茶、中国緑茶やグレープフルーツを加え、計12種類のボタニカルを使用したフレッシュで爽やかな香りが特徴のジン。


名前にある24とは24時間かけてボタニカルを浸透させることから。やわらかい植物香はジントニックを邪魔せず、優れた香りと味わいを生み出します。

ビーフィーター 24

ビーフィーター 24

11.和のエッセンス「ニッカ カフェジン」のジントニック

f:id:bollet:20180123191456j:plain

NHKの連続テレビ小説「まっさん」で一躍有名になったニッカウイスキーを造るニッカのジン。


柚子、甘夏、そして山椒をアクセントに使用したジンは繊細な甘みを伴った国産ならではのバランスを持ったジン。柔らかい甘みはジントニックにした際に溶け込むレベルの繊細で、爽やかな香りがフワリと上がる絶妙な味わいがたまりません。

ニッカ カフェジン 瓶 700ml

ニッカ カフェジン 瓶 700ml

まとめ

単体でも個性の異なるジンがたくさん市場に出回っているため、ジンを変えるだけでジントニックは簡単に様変わりします。
自分の理想のジントニックを探すために、いつもと違ったジントニックを楽しむために・・・色々なジンを飲み比べてみては?


bollet.hatenablog.com
被る部分も多々ありますが、美味しいジンについてまとめた記事もご覧ください。


肝臓の数値が気になるアナタへ・・・