おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

【レシピ】簡単に作れるネギだくキーマカレーを今夜のメニューに!

f:id:bollet:20171207172342j:plain

カレーを市販のルゥを使わずに作ってみたい・・・と思ったことのある人は少なくないと思いますが、なかなかハードルが高くて実行できませんよね。



確かにスパイスの調合やカレーのルゥ作りからやるとなると時間も技術もそこそこ必要となってしまいますが、キーマカレーなら意外と簡単に作ることが出来ます。


今回は筆者がたまに「おいしいカレー食べたいけどガッツリ仕込む時間は無い・・・・」という時に30分程度で作れることから重宝しているネギたっぷりのネギだくキーマカレーのレシピをご紹介します。

簡単に作れるネギだくキーマカレーの材料(3~4人分)

牛豚混合挽肉・・・・・350g
鷹の爪・・・・一本
辣油・・・・小さじ1
ねぎ・・・・白い部分一本分
九条ネギ・・・・4~5本(無ければ他の青ネギ・小ねぎ・葉にんにくなどでも可)
にんにくの芽・・・・1~2本
カレー粉・・・・小さじ1

◎たね用の調味料
サラダ油・・・・大さじ1
カレー粉・・・・小さじ2
塩・・・・・・10g
しょうが・にんにくのすりおろし・・・小さじ1程度ずつ
※お好みで各種スパイスを追加(黒胡椒、ナツメグ、ローズマリーなどがあう)

◎スープ
しめじ・・・・ひとつかみくらい
鶏ガラスープ・・・・300ml(顆粒状のものや中華スープのものを代用しても可)
醤油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1


鶏だし(8g×5袋)

鶏だし(8g×5袋)

今回鶏がらは筆者御用達の茅乃舎のものを使用。茅乃舎については便利なのでまた別途紹介する予定。
もちろん自分で鶏がらをとってもいいですし、市販の顆粒状のものなどでも可)


bollet.hatenablog.com
辣油も今回は自家製のものを使用。
簡単に作られるうえに味が違い自家製辣油にもぜひチャレンジ。


S&B カレー 缶 84g×2個

S&B カレー 缶 84g×2個

カレー粉はメーカーによって結構が味が違う。個人的にはS&Bがバランス良くて好き。
粉末スパイスは開封するともたないので、数回で使い切れるサイズで購入し、余ったら冷凍して劣化を防ぐ。

簡単に作れるネギだくキーマカレーのレシピ

f:id:bollet:20171207165413j:plain

最初に挽肉をフライパンにのせ"たね用の調味料"を入れて軽くあわせて肉にスパイスを馴染ませておきます。1~2時間くらいおけると良いのですが、時間がなければ10分程度でも構いません。


スパイスはお好みで。筆者は今回黒胡椒10粒ほどを包丁で粗挽きに刻んだものとナツメグを小さじ1ほど加えました。辛味が欲しい方はここでカイエンペッパーやチリペッパーを小さじ1~2程度加えておくと良いでしょう。ローズマリーなんかもあいます。


f:id:bollet:20171207165611j:plainf:id:bollet:20171207165616j:plain


スープをとります。今回は茅乃舎のパックの鶏だしを使用。300mlの水にパックごと放り込んで少し濃いめのダシをとります。市販の鶏だしを使う場合はパッケージの分量を参考にして300ml分の鶏がらスープを作ります。


水が沸いてダシがとれたら。醤油としめじ、みりんを入れてひと煮立ちさせ、火からおろしておきます。


f:id:bollet:20171207165851j:plain

その間にねぎの白い部分とにんにくの芽を画像のようにカットしておきます。


f:id:bollet:20171207170045j:plainf:id:bollet:20171207170051j:plain


馴染ませておいた挽肉を鷹の爪を加えて中火で加熱していきます。


f:id:bollet:20171207170234j:plainf:id:bollet:20171207170237j:plain

挽肉に火が通ったらネギの白い部分を投入し、しんなりするまで炒めていきます。
ここでしっかりと炒めることでネギの甘みをカレーにプラスします。


f:id:bollet:20171207170635j:plainf:id:bollet:20171207170638j:plain


ネギがしんなりしてきたらスープを投入し、中火~強火で煮込み水分を飛ばします。
フライパンや鍋のサイズなどにもよりますが、おおよそ10~15分程度。


f:id:bollet:20171207170810j:plain


そのあいだに辣油でにんにくの芽を炒めます。


f:id:bollet:20171207170911j:plain


挽肉の方の水分がほとんどとんできたら、にんにくの芽を炒めたフライパンに汁ごと挽肉をうつします。
中火で火をいれながら軽く混ぜ合わせ、香り付け用のカレー粉を小さじ1ふりかけ、水分がある程度しっかりとんだらオーケー。


f:id:bollet:20171207171450j:plain

器にごはんによそって刻んだ青ネギをたっぷりかけて完成です!

まとめ

このレシピはずいぶん前に雑誌かなにかでレシピを拝見して以来、定期的に我が家の食卓にあがるレシピです。作っているうちに分量や味付けはある程度改変していきますが、基本は変わっていないハズ。


元ネタは忘れてしまったので、どこかのお店のレシピなのか、料理研究家のレシピなのか分からないのですが、カレーといえども1時間かからず本格的な味を再現できる非常に秀逸なレシピです。


機会があればぜひお試しください。