おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

カカオサンパカ丸の内店で優雅にお酒入りのショコラショーを飲む

f:id:bollet:20180313193703j:plain

ショコラショーといえばチョコレートを贅沢に溶かして作るチョコレードトリンク。有名チョコレートブランドもイートインやテイアウトで個性的なショコラショーを提供し、ファンを喜ばせています。


今回は独創性あふれる商品を展開するスペインのアーティティックなチョコレートブランド・カカオサンパカで販売されているショコラショーをご紹介します。

東京・丸の内のカカオサンパカへ行ってみよう

日本では東京は丸の内に店舗を構えるカカオサンパカ*1



スペインはバルセロナに本拠を構え、芸術家の街に根差すチョコレートブランドに恥じない独創性豊かなチョコレートを展開。単に奇をてらっているだけではなく、カカオなどの原料に対する選別眼と確かな技術に裏打ちされたハイクオリティのチョコレートを扱っています。


bollet.hatenablog.com
別記事にして紹介している"ジントニック"味の板チョコは一度は食べる価値アリ


丸の内の店舗は日本における旗艦店として展開。東京駅からは京葉線ホームを出てすぐ、丸の内の南口から徒歩5分といったところでしょうか。東京三菱UFJ銀行本店のすぐ向かいにあるブリックスストアの1F路面店に位置します。


f:id:bollet:20180313184621j:plain


ブラウンやブラックを基調としたシンプルながらラグジュアリーさも感じさせる外観はカカオサンパカらしい印象。


カカオサンパカといえば個人的にはジェラートのイメージも強く、バレンタインなどの出張イベントではブース内にアイスクリームも展開していることが多いのですが、実店舗でもアイスを取り扱っていることを示すアイコンが設置されていますね(写真右下)。


さすがチョコレートのハイブラントというべきか、接客もしっかりとしている印象。ただ、店内が狭く混み合っているとお客さんも店員さんもすれ違うのが大変なので、ある程度気になる商品に目星をつけてから行った方が良いかもしれません。

カカオサンパカのショコラショー

ショコラショーといえばチョコレートの起源とも言われるチョコレートドリンク。基本的にはホットチョコレートですが最近はアイスなども人気で、バリエーションの幅を広げている印象です。

コツさえ覚えれば家庭で作るのも簡単ですが、やはり厳選された各ブランド自慢のチョコレートを使ったショコラショーはお店で楽しむのが一番。


ピエールマルコリーニやジャンポールエヴァンなど、名だたるブランドが店舗でショコラショーを提供する中で、カカオサンパカもまた"らしい"一杯を販売しています。


カカオサンパカで提供しているショコラショーは基本の『アナ・マリーナ』(Sサイズ500円)とアルコール入りの『ショコラタシャンパーニュ』(Sサイズ600円)。イートインはないため、紙カップに入れて持ち帰りで飲むことになります。


なお、バレンタイン前後の繁忙期などはショコラショーやアイスクリームなどのテイクウアトを提供していないことがあるので公式サイトのチェックも忘れずに。



カカオサンパカのある丸の内ブリックススクエアには三菱一号館の庭園があり、ベンチも豊富なので天気が良ければここで座りながらゆったり飲むのもオススメ。店を出口側から出て右手すぐ。一息つくには絶好のポイントです。


shop.cacaosampaka.jp


商品しての販売もあるので要チェック。フレーク状になっているので簡単に溶かして飲むことが出来ます。

カカオサンパカのショコラショー"ショコラタシャンパーニュ"を飲む

今回、筆者はアルコール入りの"ショコラタシャンパーニュ"を購入。さっそく三菱一号館庭園のベンチに腰を下ろして試飲してみることに。


f:id:bollet:20180313192335j:plain


庭園はさすがに丸の内のど真ん中だけありキレイな印象。丸の内って高層ビルも多くてゴチャゴチャしてるはずなのに、道路脇などは意外と整備が行き届いていて、ところどころ休めるスペースがあったりして良いですよね。


f:id:bollet:20180313162443j:plain


フタを開けてみてみると油分が浮き出ているのが目に見えます。濃厚系のショコラショーである証拠です。


香りを嗅いでみるとアルコール感はさほど強くありません。中には"マール・ド・シャンパーニュ"*2というフランスで作られるブランデーの一種が入っていいます。名前に騙されてシャンパンが入っていると思わないように!



実際に飲んでるとトロっとしたテスクチャーにカカオの風味、甘みもしっかりしていて非常に濃厚。ショコラショーにも色々なタイプがありますが、これはこれだけでスイーツとして完結するタイプ。飲み終えた時の満足感も非常に高いです。



マールが入っている割にはアルコールのキックは感じなかったので、加えられているお酒はかなり少ないと予想。カシスオレンジ一杯飲むより酔わないハズです。お酒が全く飲めない方には勧められませんが、弱い方でも十分楽しめるレベルではないでしょうか。

まとめ

一息つくのにコーヒーや紅茶を飲む人はいても、ショコラショーを飲む人は少ないかもしれません。たまにはチョコレートドリンクで一息ついて見るのも良いのでは?ちょっとお酒を垂らしたものを飲むとその後の活動にも精が出ますよ!



最後にカカオサンパカ丸の内店の情報を。バレンタインなどの催事以外では店舗数の限られているカカオサンパカ。特にショコラショーやアイスクリームを楽しむなら、ぜひ実店舗へ足を延ばしてみましょう。


【店舗名】カカオサンパカ 丸の内ヘッドストア
【営業時間】11:00~20:00
【定休日】無休(年に数回の不定休アリ、バレンタイン前後はショコラショーやアイスを提供しないことも)
【住所】東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1F
【電話番号】03-3283-2238
>>アクセス(グーグルマッブへリンク)


>>カカオサンパカの一部商品は大丸・松坂屋のネットショップで購入可能


ショコラショーを自宅で楽しみたい方はちょっとしたコツを覚えるだけで驚くほど美味しいショコラショーが楽しめます。
bollet.hatenablog.com

*1:大阪・梅田にも店舗を展開。金沢の店舗は2018年に3月閉店。青山の店舗は2015年に閉店。

*2:シャンパンを作ったあまりの葡萄で作られる滓ブランデー