おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

【ちょっと高級だけどおすすめ】ヘビリピしたい本当に美味しいレトルトカレー

f:id:bollet:20180217161802p:plain


今回は日頃筆者がお世話になっているレトルトカレーを紹介していきたいと思います。レトルトカレーは低価格帯、高級価格帯、限定モノなど、なんとなくランク分けが存在していると思いますが、基本的には筆者はちょっと高級価格帯(一食分300円前後)のものを好んで食べます。


この価格帯以下だと個性が出にくく、それ以上だと素直にまた食べたいと思えるクオリティのものが出てくる印象。レトルトといえどやはり美味しいものを食べたいですからね。ツボにはまればわざわざ探して買う価値がある商品ばかり、ぜひご賞味ください。

ビーフの旨味とルウの甘みがたまらない「麻布十番カレー」

f:id:bollet:20180209165520j:plainf:id:bollet:20180209165522j:plain


グリル満天星が監修したレトルトカレーはデミグラスとビーフの旨味が効いた甘口カレー。食べやすくお子さんのいる家庭でも安心して使える。カレーらしいスパイス感を求めると違う気がするが、いわゆる欧風カレー好きとしては刺さる一杯。肉の質も高く、具は少ないが味として十分の満足感を得られます。


ハヤシライス、カレーどちらにしようかな・・・という気分の時に、その中間を行く存在として重宝します。

スパイス感が鶏がらだしに染み込んだスープカレー「骨付きチキンカレー」

f:id:bollet:20180211195519j:plainf:id:bollet:20180211195521j:plain


筆者がこよなく愛するレトルトカレーシリーズ"カレー好きなら損する噂の名店"のなかの一種類。このシリーズはその名のとおりカレーの名店のレシピを再現しているのですが、再現率はおいておいてもレトルトカレーとしてみたときにクオリティが高い。


こちらもスープカレーっぽいサラっとしたスープながら、適度なスパイス感と良質な鶏ダシを感じられます。骨付きチキンもほろほろで柔らかくGOOD。サラっと食べれてしまいます。

きのこをふんだんに使用した「ホクトのカレー」

f:id:bollet:20180211195426j:plainf:id:bollet:20180211195424j:plain


きのこ好きにはたまらない。きのこメーカーとして有名なホクトのきのこをふんだんに使用したきのこカレーです。今回写真に挙げているものはデュクセルース仕上げのものですが、他にもいくつか種類があり、どれもきのこの旨味が感じられる贅沢な味わいです。


きのこ好きはもちろんですが、カレーときのこの相性は間違いないので、カレー好きにもおさえておいて頂きたい商品です。

バターの香りと甘みが贅沢な「バターチキンカレー」

f:id:bollet:20180214164459j:plainf:id:bollet:20180214164501j:plain


こちらも噂の名店シリーズよりバターチキンカレー。バターがたっぷり使われたコクのある風味がたまらない人皿。甘みが感じられるなかに適度なスパイス感でスパイシーすぎるカレーは嫌い、でもしっかりした味のものがいいという方にオススメ。中辛で辛味はしっかり感じられますが、バター由来のマイルドさとトマトの酸味がアクセントになりヘビリピ間違いなしのカレーです。

スパイス好きにはたまらない「スパイスキーマカレー」

f:id:bollet:20180217160126j:plainf:id:bollet:20180217160128j:plain

またまた噂の名店シリーズよりスパイスキーマカレー。特徴はドライスパイスとレーズン、カシューナッツがトッピングとしてついている点。スパイシーな風味とカシューナッツの香ばしい香りがカレーの香りと混じり合い複雑なハーモニーを奏でます。


カレー自体は和風出汁ベースのキーマカレー。キーマというよりはスープカレーに近い感じで、あっさりといただけます。



山椒がアクセント!個性派の「山椒が薫るカレー」

f:id:bollet:20180217160149j:plainf:id:bollet:20180217160151j:plain

山椒がアクセントに薫る個性的なレトルトカレー。京都の料亭「雲月」の技法を踏襲して作られたカレーで、カレーというよりは和食のエッセンスひかるカレー風味の煮込みといった方がしっくりくる。カレー好きの求める強いスパイス感や多層的な香り感は弱いが、ひとつのレトルト食品としてかなり完成度が高い。ごはん抜きでつまみにもなりそうです。


変わり種のレトルトカレーをお探しの方にはぜひオススメしたい商品になっています。


丁寧に作られた深い味わい「100時間かけたカレー」

f:id:bollet:20180223161853j:plainf:id:bollet:20180223161855j:plain

合計116時間もの時間をかけて仕込まれたカレーがレトルトに。下手な洋食屋さんのカレーを凌ぐ美しさにビックリ。値段は今回紹介した中でも少し高めですが、それでもお店で食べるよりコスパがいいですね。


bollet.hatenablog.com


個別に紹介した記事もありますので参考にどうぞ。


100時間かけたカレー

100時間かけたカレー

一応挙げとく辛いカレー好きには「LEE」

ひどい扱いですが一応挙げてきます(笑)。辛けりゃなんでもいい。という刺激に飢えている方はレトルトではやはりLEE一択。筆者も辛いの嫌いではないですが、ここまでいくと美味しいと感じないので画像ナシです。しかし、まぁやはり辛さへの飽くなき探求心をお持ちの方にはウォーミングアップ的に重要なポジションかもしれません。一応挙げておきましょう。

まとめ

かなり筆者の嗜好性が強いセレクトになってしまいましたが、こういう商品紹介は書き手の個性が出ているセレクトの方が面白いと思うので良しとしましょう。特にS&Bより発売されている"噂の名店"シリーズはレトルトカレーにありがちな単調な味わいを打破する個性派揃いで食べ飽きしません。レパートリーが多いのも魅力。あとはやはりご当地系がたまに刺さるな・・・という印象でしょうかね。


気になるレトルトカレーが見つかった方はぜひチャレンジしてみてください。



インスタントラーメンも最近は侮れませんよ・・・・。
bollet.hatenablog.com