おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

アマゾンの配送料が最大1.5倍値上げ!物流の今後に思うこと

f:id:bollet:20180404192213j:plain

2018年4月4日、アマゾンジャパンから配送料値上げの発表が行われました。アマゾンの配送料値上げは2年ぶり。これを長いとみるか短いとみるかは人それぞれでしょうが、おそらく今後も配送料が安定しない時期が続くのではないかと推測されます。


今回のニュースをザックリとまとめながら、今後の配送サービス・物流について思う事を少し書き綴っていきましょう。

アマゾンの配送料値上げニュースの概要と今後の予想

ニュース概要

  • 2018年4月4日注文分から配送手数料を値上げ
  • 最大で5割の値上げが実施される
  • 2000円以上の買い物をした人とプライム会員は据え置き(無料)


今後の動きについての筆者的予想

  • いずれはプライム会員も配送料が有料になる、もしくはプライム会員費そのものがあがる

プライム会員などは据え置き、実質的に影響の無い人も多い

今回の値上げは、あくまでもプライム会員ではない人が対象。加えて従来通り一定金額(2000円)をアマゾンの倉庫から発送する場合は送料無料のままというのがポイントです。


値上げの内容としては


  • これまで350円だった配送料が本州・四国で400円、北海道・九州・沖縄・離島では440円に
  • お急ぎ便・日時指定便は360円から本州・四国で500円、北海道・九州で540円に

  • 当日指定は360円から 本州・四国で540円、北海道・九州で600円に



ということで、ポイントは今まで全国一律だったところを本州・四国と北海道・九州・沖縄・離島に分けた点。そしてそれにあわせて値上げを行った点ですね。1.5倍の値上げと聞くとすこし驚きますが、ベースは20~30%アップで、特にオプションの料金が上がった印象でしょうか。


また、プライム会員や一定額以上購入者は影響を受けない(後者はオプションの影響はうける)ので、実質的にはアマゾンのコアユーザーは対象ではないと言えそうですね。


今回のアマゾンの値上げについて

値上がりについては妥当な感じでしょうね。というより、オプションに関してはもっと上げてもいいのでは?と思ってしまいます。現状配送の人手が足りないと言われている状況で、ユーザー側がお急ぎ便や日時指定をできるのが当たり前と考えてしまうことに問題があると思いますし、このあたりのパワーバランスはもう少し考えるべきかなと。


筆者はアマゾンに限らず通販のヘビーユーザーで、通販無しではもはや生活が成り立たないと思っていますが、あまり切羽詰まって頼む事が無いので、お急ぎ便とかのありがたみがイマイチわからない・・・というよりも便利なのは分かるけど、無料でお急ぎ指定できるなら当然指定するでしょうから、この辺りは有料にするべきでは?と思っているんですよね。


たとえば、どうしても明後日までに仕事で必要な物があって取り寄せる・・・となればお急ぎ指定で1000円くらいかかったとしても、今から買いに出掛ける時間や労力、移動費を考えたら折り合いはつけられるはずですしね。

今後はアマゾンプライムの値上げやシステムの変更がどんどんおこる

筆者が思うに、今後アマゾンはますます劇的にシステムを変えていくのではないかなと。


今回の値上げの原因をアマゾンジャパンは「ビジネス環境の変化を総合的に踏まえた」結果としていますが、ビジネス環境たる物流に関しては今後ますます変化が予想されるなかで、現状そこに依存せざるおえないアマゾン自身が変化していくのは当然のこと。


もっとも予想されるのは、アマゾンプライムの値上げや送料有料化。つまりは今回据え置きとなった部分が有料化することでしょう。


アマゾンプライム自体は世界的的にみても日本の会費が非常に低いと言われています*1ので、今後確実に値上がりするのではないかと踏んでいます。値上げすることで会員が減ったとしても、ある程度利益が確保できればメリットはあるはず。商品の受注数が減れば対応は楽になりますから、薄利多売よりも単価を引き上げていく方向に少し舵をきってもおかしくないと思いますね。


じっさい今アマゾンプライムに登録している人であれば、月々300円ちょっとが500円くらいになってもほとんどの人が継続して使うのではないでしょうか?むしろそうなった時にどれくらい会員数が減るのかは興味ありますね。

まとめ

アマゾンジャパンによる国内配送料改定のニュースについてまとめ、それに伴って近年の周辺事情について思うことをつらつらと書き綴ってきました。


余談でもう少し述べておくと、最近では無人宅配なんかもすこしずつ検討されはじめていますので、このあたりが今後数十年でどこまで進歩していくのか期待がかかるところですが、当面は採用されても限定的なものでしょうね。そう考えると、個人的には荷物の受け取り所、アマゾンの超小型店舗がコンビニのように町中に張り巡らされるような未来も想像できなくはないかな、と。


果たして今後アマゾンをはじめとした通販系各社はどのようになっていくのか・・・。期待と不安が入り混じるところですが、通販のヘビーユーザーとして動向を見守ってゆきたいですね。


www.asahi.com

*1:参考までに、日本が年間3900円なのに対し、アメリカでは年間10000円程度、フランスで年間5500円程度となっている。