おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

【お尻から剥くだけ】ぶどうの皮のむき方・食べ方にはあるコツがあった

f:id:bollet:20171027191256j:plain

秋と言えば"実りの秋"と呼ばれるほどさまざまな食材が出回る時期。


きのこ、栗、梨、さんま、さつまいも、新米・・・聞くだけでよだれがたれそうな食材が一番おいしく頂ける時期とあってたのしみにしている方も多いことでしょう。



そんな中で、夏から秋にかけてのフルーツの代表と言えば葡萄
出始めは少し高めで贈答用などがメインですが、秋から冬にさしかかる時期になると値段もかなり安くなって一般家庭でも気軽に食べられるようになりますね。



そんな葡萄を食べる時、皮が鬱陶しくて食べたり買うのを躊躇することってありませんか?
でも待ってください!実はちょっとした工夫で簡単に剥く方法があったんです!

葡萄の皮を簡単に剥く方法

ジューシーな果肉に芳醇な香り、お好きな方も多いことでしょう。
最近では皮ごと食べられる、種の無い品種も多いのですが、皮をむいて食べるブドウにも美味しいものは少なくありません。


f:id:bollet:20171027191551j:plain


「ぶどうの皮ってキレイに剥けない・・・」と感じている方も少なくないかもしれませんが、実はものすごく簡単に皮をキレイに剥く方法があるんです。



それはズバリ"お尻から皮を剥く"
たったこれだけです。



ネットで葡萄の皮むきについて調べると湯剥きを推奨している方が多いのですが、せっかくの生フルーツにほんの数秒でも熱湯をつけるのはもったいないですし、そもそもお湯を沸かすのが面倒です。



今回ご紹介する方法なら道具もいらず、汚れた手だけふけるタオルくらい用意しておけばキレイに皮を剥くことが出来ますよ

お尻から葡萄の皮をキレイに剥く

それでは画像を見ながら、お尻から皮を剥くとはどういうことか説明していきます。といっても、説明することもないくらい簡単なことなんですけどね。



みなさんは葡萄の皮を手で剥けと言われたらどう剥きますか?


f:id:bollet:20171027190710j:plain

画像で印をつけている部分から剥いている人が多いのではないでしょうか?
確かに枝に付いていた頭の部分は皮に穴があいているため、爪をひっかけて簡単に皮を剥くことが出来ます。


しかし、個体によっては皮と実が癒着していて剥きづらかったり、細かい皮が残ってしまう事も少なくないのです。
これが嫌で葡萄の皮むきが嫌いと言う方も少なくないのではないでしょうか?


f:id:bollet:20171027190757j:plainf:id:bollet:20171027190753j:plain


何度も剥きなおしているうちに実から果汁が溢れて手やテーブルがベタベタになったり・・・・。


実はこれを改善するには、反対方向から皮を剥くだけでいいんです。


f:id:bollet:20171027190828j:plain
印をつけた部分が葡萄のお尻部分。さきほど失敗した部分とは正反対の位置。



こちら側から剥くと面白いほどキレイに剥けます
本当に今まで苦労していたのがなんだったのかというくらい簡単です。むしろキレイに剥け過ぎて気持ちいいくらいです。


f:id:bollet:20171027190914j:plain
キレイに剥けます。



自分で食べるなら爪を立てて剥いても良いのですが、お客様に出す際などはナイフや爪楊枝で切れ目をいれて剥いた方が清潔感はありますね


f:id:bollet:20171027190945j:plain
爪楊枝の先で皮を軽くめくりあげた図


経験上、収穫から時間がたっている葡萄は皮と実が癒着するのか、この方法でも剥きづらい粒がたまに存在します
それでも時間をかければ身をぐちゃぐちゃにすることなく綺麗に剥けるとは思いますけどね。葡萄はなるべく新鮮なうちに食べましょう!

f:id:bollet:20171027191033j:plain

剥き終わったらどうぞ召し上がれ!



ちなみに探せば葡萄の皮むき器も市販されています。
手を汚さずに剥きたい方はこちらをどうぞ。

ぶどうの皮むき器 むい太郎

ぶどうの皮むき器 むい太郎


皮剥きの有無なんて関係ない!美味しい葡萄品種

最後に参考までに個人的に好きなおすすめ葡萄品種をご紹介しておきましょう。
皮ごといけるものから皮を剥くものまで、葡萄であることに変わりはありません。


気になるものがあればぜひチェックしてみましょう。

ピオーネ

皮は食べられませんが種無しの大粒品種。
近年では黒ブドウの主力ではないでしょうか?

甘み、酸味のバランスがよく大粒で食べごたえがあり、香味が良い品種。
特に岡山産のものは粒感もしっかりしたものが多くて味も濃厚な印象です。

ナガノパープル

長野県で作られたオリジナル品種。
皮ごと食べられるのが特徴で、特に鮮度の良いうちは皮の食味と渋みも丁度よく、むしろ皮ごと食べることで完成された味わいに。


非常にバランスのとれた上品な味わいです。

藤稔

粒の大きさは黒ブドウの中でもトップレベル。甘みもとても強く、ぶどうに甘さを求めるのであれば値段帯を鑑みっても一番良いと思います。
個人的には少し甘すぎるので、そのまま食べると言うよりはジュースとかスイーツに使う事で主張させたいブドウですね。

ルビーロマン



以前近所の八百屋さんで一房2万円の葡萄が売られていました
話を聞くとルビーロマンという石川で作られている品種だそうで、先ほど挙げた藤稔が自然交雑して生まれた希少品種。


まだ数も少なく、大きさと甘さが規格外の葡萄。値段も規格外ですが・・・。


八百屋曰く一年に三房くらいしか手に入らないとのことで、その稀少さに注目が集まりますね。
ぜひ石川県直送 ルビーロマンをご賞味ください。

葡萄の皮剥きを簡単に!

葡萄の皮むきは実はこんなに簡単に出来たんですね。
これなら思い立ってすぐ食べるのも躊躇せずに済みそうじゃないでしょうか?


ちなみに海外の人は日本人が葡萄の皮を剥くのが信じられないのだそう。もちろん手に入る葡萄の皮の質や剥きやすさ、大きさなどが関係しているので、どちらが間違っているという訳ではないのですが・・・。



参考記事
秋から冬にかけはフルーツも豊富です。
食後のデザートにモンブランも良いのですけど、ぜひフレッシュなフルーツも愉しんでましょう!

bollet.hatenablog.com
http://bollet.hatenablog.com/entry/2017/01/20/%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8F%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%84%E6%9F%91%E6%A9%98%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B3%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E6%97%ACbollet.hatenablog.com
bollet.hatenablog.com
bollet.hatenablog.com