おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

どれが正しい?ごめんなさい、すみません、申し訳ないの違いと使い分け

f:id:bollet:20180506190813p:plain


誰かに謝るときに使われる言葉にはいくつかの種類がありますが、目上の人やあまり親しくない人に対して使う謝罪の言葉として私たちが日常的に使うのが「すみません」「ごめんなさい」ですよね。


意識せずに使っている人も多いですが、このふたつの謝罪の言葉にはニュアンスの違いが存在します。また、特定の場面ではどちらも間違いということも・・・。


日ごろ何気なく使っている謝罪の言葉について考えてみましょう。

ごめんなさいよりすみませんが丁寧?

以前、先輩にちょっとした粗相をしてしまったさいに「ごめんなさい」と誤ったことがありました。するとその先輩から「ごめんなさいはビジネスシーンの謝罪としては軽い。これからは意識的にすみませんを使いなさい」と注意されたのです。


信頼している先輩だったので、以来その教えを守って生きてきたのですが、先日友人とこの話をしていたら、一概にそうとは言えないのではないか、という結論になったのです。いったいこのふたつの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか?

ごめんなさいとすみませんの違い

ごめんなさいは容赦、赦しをこう言葉

ごめんなさいは「御免」の丁寧語で、こちらがしてしまった過ちを許してほしいというニュアンスを含んでいます。


時代劇などで「切り捨て御免」なんていうセリフが使われることがありますが、ここで使われている「御免」を丁寧にしたのが「ごめん(御免)なさい」にあたるのです。


現代において切り捨てに対して許しをこうのは難しいですが「ごめんなさい」は相手に許すという行為を求めるニュアンスを含んでいるのです。

すみませんは反省、義理の立たない気持ちを伝える言葉

すみませんは「済まない*1の丁寧語です。この場合の「済まない」とは自分の気持ちのこと。何か非礼をしてしまったことに対して、自分の気持ちが済まないという意味合いを持っています。


必ずしも相手の許しをこう言葉ではありませんが自分自身の申し訳ない気持ちを伝える、ということに加えてさらに謝罪の後に挽回する意志があることを示唆する言葉とも考えられるでしょう。

「すいません」はNG

「すいみません」という言葉は「済む」という動詞から派生した言葉です。「すみません」を「すいません」と言ったり、場合によっては表記する人がいますが、改まった場ではNG表現です。


なぜなら「すいません」は「すみません」がなまった言葉であり、関西の人が「すんません」と言っているのと同じことになってしまうからです。


特に丁寧に謝罪しようとしている場面では、きちんと「すみません」という言葉を使いたいものです。

ごめんなさいとすみませんの使い分け

このように厳密には違いを持つふたつの謝罪の言葉。じっさいの謝罪の場面においてもニュアンスは微妙に異なってくることになります。


たとえば遅刻してしまった時に、相手に対して謝罪をするとします。

遅刻してしまって、ごめんなさい。

遅刻してしまって、すみません。


「ごめんなさい」を使った場合は「遅刻してしまった私を許してください」、「すみません」を使った場合は「遅刻するなんて大変悪いことをしてしまいました」といった感じになると考えられます。


この場合は遅刻してしまった事実をなくすことはできないので「ごめんなさい」の方が適切なように感じます。「すみません」だと謝罪の気持ちを投げっぱなしにしてしまっているので失礼な感じが残りそうですね。


今度は仕事でミスをしてしまったときのことを想定してましょう。

書類に不備があって、ごめんなさい。

書類に不備があって、すみません。

このケースは「ごめんなさい」の方は「ミスに対して許しを請う」形になりますが、「すみません」の場合は「すぐに修正します」「次回はより完璧に仕上げます」といったニュアンスを含ませることができますので、「すみません」の方が丁寧に感じますね。



このように「ごめんなさい」「すみません」は場合によって使い分けることができそうです。

「すみません」と「ごめんなさい」はどちらが丁寧?

個人の感覚にもよるのかもしれませんが、「ごめんなさい」を使った場合は"許しを請う"という形で相手に行動を期待しているので目上の人には失礼と考えることができないでしょうか?


そのため筆者が先輩に注意されたように「『ごめんなさい』より『すみません』の方が丁寧で目上に対しては適切」という考えはよく分かります。じっさいに周りの人に聞いても、目上の人に対しては「すみません」をチョイスするという答えが多かったです。


一方でさきほどの遅刻時の謝罪のケースのように「ごめんなさい」の方がニュアンス的には妥当なのではないか、と思える場面があるのも確か。この場合「すみません」だと「遅刻に対して埋め合わせるなにか」を提示できないと「自分の気持ちが済まなくてどうしようもないです」という謝罪の気持ちの投げっぱなしになってしまって、そこで自己完結してしまうおそれがあるからです。


ただし、ここまで「ごめんなさい」と「すみません」のニュアンスの違いを細かく使い分けている人は、おそらくほとんどいないでしょうから、そう考えると一般的には丁寧度が高いとされている「すみません」を使うのが無難なのかもしれません。

最も丁寧に謝罪の意を伝えるなら「申し訳ございません」

ビジネスシーンなどの公の場において目上の人に謝罪の言葉を用いる場合は「ごめんなさい」「すみません」よりも「申し訳ございません」が適しています。


「申し訳ございません」は言い訳する余地もない紛れもない自分の非を謝罪する言葉で、謝罪の言葉のなかでは最も潔よく、また丁寧な言葉だと考えられています。


特に口語ではなくメールなどの文章で目上の人に謝罪する場合は「申し訳ございません」を使うようにすると良いでしょう。

「ごめんなさい」「すみません」「申し訳ございません」使い分けは相手との関係にも

f:id:bollet:20180506190428j:plain

今回見てきた3つの謝罪の言葉は"申し訳ございません>>すみません≒(>)ごめんなさい"というような関係性を整理できそうです。


ただしこれは相手との関係性や距離感、シチュエーションによるもので、目上の人だから誰でも「申し訳ございません」や「すみません」を優先的に使うべきだということではありません


国立日本語研究所のQ&Aコーナーに、謝罪のさいに使う言葉に関する面白い記事があったので一部引用します。

さて,言葉をもって謝る,という行為(言語行動)は,あくまでも穏やかで冷静な精神状態では,できないのではないでしょうか。ある程度,慌てたり,感情の起伏を伴ったりするからこそ,真摯な謝罪の意思が相手に伝わるのです。その際,この場ではどの言い方が正しく,どの言い方は禁忌だ,と立ち止まって考えているようでは,本気で謝る態度や言葉にならないかもしれません。


よくある「ことば」の質問 - 申し訳ございません


謝罪のシーンにおいて謝り手は、使う言葉を吟味して最善を導き出せる状態ではないものです。もちろん謝罪の受け手側も冷静ではないことがあるため、正しい判断を下すことができないかもしれません。そのような状況では、単に言葉だけでなく、誠心誠意謝っているという態度も重要になってくるはずです。


加えて目上の人といっても、その関係性や距離感は当人たちにしか分からないもので、必ずしも最大級の謝罪をチョイスする必要がない可能性もあります。


筆者が注意を受けた先輩は「すみません」と「ごめんなさい」の違いに敏感だったのでしょう。もしもっと礼節に細かい人であれば「申し訳ございません」が正しいと伝えられていたことだってありえます。逆に自分自身はそんなに親しくない後輩から「ごめんなさい」と言われても特になんとも思いません。


要は相手との関係性や相手の考え方しだいでベストな謝罪の言葉は変わってくるということなのです。「すみません」は一般的に便利な謝罪の言葉ですが、人によってはフランクな要素を感じとる人もいるかもしれません。


全ての謝罪を「すみません」で済まそうとせず、シチュエーションや相手によって使い分けていくこと、常に頭や感情を使ったコミュニケーションを考えることが最も正しい謝罪なのかもしれませんね。謝罪は形だけ言葉だけのものではなく、「申し訳ない気持ち」を相手に出来る限り正確に届けられるかどうかが大切だということを忘れないようにしたいですね。

まとめ

謝罪の言葉である「ごめんなさい」「すみません」「申し訳ございません」の違いと使い分けについて考えてきました。


口語においては一般的には「ごめんなさい」より「すみません」のほうが丁寧な印象が強くより改まった場面や文章での謝罪には「申し訳ございません」を使うのが妥当であるとまとめることができそうです。


また、このように定型句として使い分けを覚えるのではなく、相手との関係性やシチュエーションに応じて臨機応変に言葉を変えていくことがコミュニケーションとしては最善であり、最も正しい謝罪の在り方といえるでしょう。

*1:澄まない=心が晴れない、澄みわたらないという意味もあると言われている