おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

知らないと恥ずかしい飲食店のお会計マナーとテーブルチェックとは?

f:id:bollet:20180322183036j:plain

ちょっと高級なレストランやバー、カウンターメインの飲食店などではレジカウンター(レジが置いてある場所や明らかにお会計するためのスペース)が存在しないことがあります。そんな時は各自のテーブルやカウンターでお会計を済ませるのが基本。


しかし、レジカウンターにレジ機器が置いてあるチェーン店などが一般化したことで、このタイプのお会計の仕方が分からない・・・という人も増えているように思います。そこで今回はレジスペースの無い"テーブルチェック"の仕方とマナーについて解説していきましょう。

テーブルチェックとは?お会計方法の違いを知る

飲食店のお会計の仕方には大きく分けて以下の3つのタイプが存在します。


  • レジカウンターでお会計をするタイプ
  • テーブルチェックをするタイプ
  • キャッシュオンタイプ


まずはこの違いについて見ていきます。皆さんがよく使う飲食店はどちらの方式を採用しているでしょうか?

レジカウンターでお会計をするタイプ

ひとつめはレジカウンターと呼ばれる支払場が店内に別途用意されていて、そこで帰りがけにお会計をするタイプ。多くの場合、レジカウンターにはレジターと呼ばれる専用の機器が置かれています。


大衆向けのチェーン店などでサービスを簡略化しているタイプのお店に多く、どちらかというと"カジュアル使いのお店"に多い会計法かと思います。近年ではある程度の高級店でもこのタイプを採用しているケースもありますね。


店内のスペースの一部をレジカウンターに割く必要があるため、見栄えも重要視される高級店やもともと狭い造りの個人店などでは採用されない傾向にあります。

テーブルチェックをするタイプ

もうひとつが今回焦点を当てたいテーブルチェックというお会計の仕方です。


これはその名の通り、各々のテーブルやカウンター、つまり自分が飲食をしていたまさにその場でお会計を済ませる方法です。店員さんにお会計の旨を伝えて伝票を持ってきてもらい、その場で清算します。


ある程度のレストランや割烹、寿司屋やバーなどでは基本的にテーブルチェックが採用されています。


これに気づかずにおもむろに席を立って会計しようとすると「この人あまりこういう店に慣れていないんだな・・・」とその場にいる全員に思われる事になりますから、初めての飲食店ではどちらの会計法を採用しているのか確認した方が良いでしょう。

キャッシュオンタイプ

キャッシュオンとは一杯、一皿の注文ごとにお会計を済ませていくスタイルです。常にお会計が済んでいる状態なので、帰りたいときにすぐに帰れますし、グループの場合は割り勘などが非常に簡単に済ませられます。


このスタイルは海外のパブ(日本で言う居酒屋)のような飲食店で一般的な会計法です。日本ではまだなじみが少ない方法ですが、パブ形態のお店ではキッャシュオンを採用しているところも多く見受けられます。


レストランやバーでのお会計の仕方とマナー

f:id:bollet:20180322182742j:plain
日本で飲食店を利用する上で、キャッシュオンはまだまだ特殊な位置づけの会計と言えますが、「テーブルチェックなのかそうでないのか」は早い段階で見抜いてそれに合わせた会計の準備をする必要があります。


レジカウンターがあるお店の場合は、食べ終えたら荷物を全て持ってレジカウンターへ向いお会計を済ませるだけですから難しいことはありません。ある程度広いお店なら事前に伝票を渡されているでしょうし、狭い店内なら何を食べたか、飲んだかを店員さんの方で把握してくれているでしょう。



一方でカウンターチェックの場合は少し気を遣う必要があります。そもそもカウンターチェックを採用しているお店は「高級店」「特別な時に使う」「マナーを重視する」お店であることが多く、なるべくスマートにお会計を済ませることが理想になります。


飲食が済んだらまずは店員さんにお会計の旨を伝えましょう。すると伝票や金額を書き記した紙を持ってきてくれるはずですから、その場で支払を済ませます。割り勘をする場合はなるべく外で行うのがマナーだと言われていますが、軒先でやるのも迷惑なので店内でやっても構わないと思います。ただし、小銭単位の細かい割り勘はみっともないので、とりあえず1000円単位で適当に割り勘をして、細かい部分は後程清算するようにした方がスマートです。


また、レシートが貰えないことも多いので、必要に応じて領収書や金額の書かれた紙を貰っても構いません。


たまにカウンターチェックのお店で席から立ち上がって空いている席などでお会計を済ませようとする人がいますが、これは他の人の迷惑になるのでやめましょう。接待やデートなどで相手に金額を見られたくない場合は事前に店員さんに相談して対応を任せた方がスマートです。自分の見栄のために他人を巻き込んでいたのでは意味がないですからね。


おあいそ?チェック?お会計のお願いの仕方いろいろ

「おあいそ」は間違った使い方?

飲食店のお会計でよく使われる「おあいそ」という言葉、通っぽく見えて実は間違った用法だって知っていましたか?


おあいその起源は諸説ありますが、漢字で書くと「御愛想」。有力とされているのは寿司屋の店員が「お客様からお金を頂くなんて愛想が無くて申し訳ない」と言ったことから"会計=おあいそ"になったと言われています。そんないかにも寿司屋らしい粋なエピソードが気づけばお客側の言葉になってしまったというワケなのですが、今では「あおいそ」をお客側が使うのはマナー違反だとされることが多いですね。


基本的に日本の飲食店であれば「おあいそ」でお会計が出てくるとは思いますが、内心どう思われるかも分かりませんから使わないにこしたことは無いのではないでしょうか?

「チェック」はOK?

「おあいそ」と並ぶくらい会計時に聞かれる掛言葉が「チェック」。海外(英語圏)ではお会計時に「Please check」や「Please bill」と言うのが一般的なのですが、横文字好きの日本人がこれを真似して「チェック」という言葉を使い始めたということなのでしょう。


用法としても特別間違ってはいないのであえて直す必要もないと思いますが、少し"キザなおじさん感"が出てしまいがちなので人によっては引かれることもあるかもしれません。

指で×印ってどうなの?

f:id:bollet:20180322183433j:plain

「チェック」と同様に"キザなおじさん感"が出る、指で×印を作って会計を伝えるジェスチャー。日本の飲食店では比較的まかり通っているんですが、海外では一切通じない、つまり日本ならではのジェスチャーであるとして海外から来た人を戸惑わせることもあるのだとか。


×印は「〆」という言葉を指で示していると言われていて、当然グローバルスタンダードであるワケがないんですね。少し年配の世代を中心に流行ったサインだということもあり最近では敬遠する人も増えているそうですが、例えばテーブル席などから言葉を使わずにお会計を示すジェスチャーとしては個人的には悪くないのでは?と思います。

黙ってクレジットカードや万札を差し出すのはNG

f:id:bollet:20180322182651j:plain
たまに見かける、会計時に何も言わずにクレジットカードや万札をすっとカウンターに置いてお会計を促す仕草。ある程度地位のある人がやりがちだと思うのですが、あまりスマートでは無いでしょうね。


確かにこちら(客)側からしたら「カードやお金を差し出すのはお会計のサイン以外に何がある?」と思うかもしれませんが、店員さんからしたらお客様の金品に黙って触れるのも怖いですし、「お会計でよろしいですか?」とも確認しづらいですよね。そもそも差し出した金額でお会計がまかなえるかも分かりません。


言葉を使わずにスマートに会計を済ませたいのは分かりますが、お金が関わる場面ですし、出来ればちゃんと言葉にしてコミュニケーションの齟齬は無くしたいものです。

「お会計をお願いします」が最も適切

結局、最もスマートなのは「お会計をお願いします」でしょうね。特別な時くらいキザなセリフや通っぽいセリフを使いたい気持ちも分かるのですが・・・。


極端な話をいえば店員さんに意味が伝わればいいので、「チェック」や「指で×を作る」というのも決して悪くはないと思いますが、あえて会計の掛言葉を1つ選べというのであれば「お会計をお願いします」が最も綺麗なように思います。


まとめ

飲食店、特にテーブルチェックを採用している店舗でのお会計の仕方やマナーについてまとめて参りました。筆者もテーブルチェックのお店に行く機会がたまにあるのですが、あまりスマートにお会計出来ていない人も少なくありません。


特に若い人や慣れていない人より、中年以降の世代に多い気がするのが悲しいところですが、先輩たちのそうした姿を見て若い世代が間違ったマナーを持って育たないよう、みんなでしっかりと正しいマナーを共有していきたいですね。ぜひ広めていってくださいね。




参考記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com