おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

読書

【書評】Webライターが読んで損はない本「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」

ブログやサイト運営、クラウドソーシングなど、いまやWebライターとして大なり小なり収入を得るためのハードルは無いものといっていいほどです。なかには軽い気持ちで始めたものの、壁にぶつかって自分のライタースキルの低さに絶望している人も多いのではな…

「超・箇条書き」から箇条書きの書き方とコツを学ぶ

箇条書きは意思疎通をスムーズにするための技術のひとつです。箇条書きに関する名著「超・箇条書き」をもとに箇条書きを好理科的に使いこなす方法について考えます。

ワインサロンまで展開する漫画「神の雫」が面白いので読んでみてほしい

ワインといえばそのマニアック度から数多のスノッブを生み出しているお酒の分野としても有名ですが、その話題に事欠かない点から作品の題材としても多く利用されています。 今回ご紹介する漫画「神の雫」もそのひとつ。ワイン関係の方からも賛否両論巻き起こ…

【完結作品のみ】大人のための一筋縄にはいかないおすすめ恋愛漫画5選

大人が真剣に向き合えていっきに読める完結済みの恋愛漫画を厳選!「ロッタレイン」「あそびあい」「喰う寝るふたり 住むふたり」「イエスタデイをうたって」「クズの本懐」・・・知らないタイトルがあったら要チェック!

暗い重い展開でも目が離せない生きる意味を考えるおすすめ漫画10選

暗くて重めのテーマをもったシリアス系の漫画は生きる意味について考えさせてくれるモノが多いですよね。読み終わった後に自分の生き方とか今置かれている環境の有難さや惨さみたいなものを改めて俯瞰させてくれたり・・・。 そんな、友情・努力・勝利や恋愛…

「シャンパン 泡の科学」を読んでシャンパンと泡の関係性、その歴史についてより深く学ぶ。

シャンパンという魔性のお酒に捉われた人は少なくない。 この本の著者もシャンパンに心奪われた人物のひとりだ。シャンパン 泡の科学作者: ジェラール・リジェ・ベレール,立花峰夫出版社/メーカー: 白水社発売日: 2007/09/19メディア: 単行本 クリック: 8回…